夏や冬とシーズンが終わるから、そろそろ布団を洗おうかなと思う人も多いですよね。

そんなときにふと、布団って洗わないといけないものなの?と思ったことありませんか?

ふとんを洗わないと何となく汚いな。とは思いますが、毎年、毎シーズン洗う必要があるほどなのか調べてみました。

正しい布団の洗う頻度についてはこちら

布団はどれくらい汚い?

寝るときに毎日使用する布団は、私が思っていた以上に汚かったです。

寝ている最中の汗、フケ、アカ。
更にそれを餌にするダニ、雑菌、カビ。

実際に調査した機関の情報がありましたから、共有したいと思います。

5年、10年と長年使っている布団を洗った廃液
5年、10年と長年使っている布団を洗った廃液

参照:日本の布団が危ない

左の10年間洗っていない布団を洗ったときにでた液体ほんと汚いですよね。

汚れの成分としては、汗の塩分、皮脂の脂肪分、尿、フケ・アカ、食べ物のカス、カビ、細菌・雑菌、ダニ、ダニの死骸・フン、花粉、毛、ペットの毛と様々。

更に5年使用した布団の表面にいるダニの数を数えた実験では、1㎡あたり約350匹~1200匹ものダニが見られました。

これらが、アレルギー発症の原因にもなりますので、小さいお子さんがいる家庭では特に敷布団、掛け布団、毛布と綺麗にしておく必要があります。

宅配クリーニングで1番おすすめの業者なら綺麗に水洗い

まとめ

クリーニングしろー洗えーと煽っているわけではなく、実際こんなに布団は汚れているんだよということを伝えたくて私が調べた内容を共有しています。

布団はクリーニングに出さなくても、自宅でケアをしてあげればある程度清潔に保てます。

>自宅でダニ退治!布団をセルフケアで清潔に保つ方法

ただ、今回の記事を読んだ人は、私の布団って汚いのかな?洗ったほうがイイのかな?と気になった人だと思います。

記事を読んで洗おう!とせっかく思ってもらえたなら、水洗いで徹底的に綺麗にしてくれるクリーニングをおすすめします。

ずーっと洗っていない布団はほんと汚いですよ。(私はすぐに水洗いしてくれる宅配クリーニングに出しました。)