クリーニングで布団を綺麗にしてもらおうと思って持ち込んだけど、断られた。

そんな悲しい経験をした人もいます。

どういった状態の布団だとクリーニングを断られてしまうのでしょうか。

ツイッターから実際のクリーニング店拒否事例をまとめてみました。

実際の事例|クリーニング拒否

ツイッターで「クリーニング 拒否」された方々の生の声が見つけられましたので、断られてしまう状態についてはこちらを参考にしてください。

特に猫を飼っている方が布団のクリーニングを拒否されているようです。

どうしてもネコは布団にあがってきますよね。なので布団に毛がついてしまいます。そうなると、まず毛を自宅で取り除いてから持ち込みしないとなかなか受け取ってもらうのは難しいですね。

またゲボ(嘔吐物)をしてしまった布団も受け取り拒否される可能性が高いようです。

嘔吐、尿、ペットの毛にまみれた布団はどうすればいい?

自宅の洗濯機で洗うのがベストですが、布団やこたつ布団は大きいので、一人暮らし用の洗濯機など小さめのものでは洗えません。

その場合は、コインランドリーで洗濯、乾燥をすることとなりますが、その前に汚れている箇所を手洗いして十分に綺麗にしてから使用しましょう。

嘔吐や尿付きの布団が現れた洗濯機で次の人が使用したいか?と考えれば当然のエチケットとなります。

必ず一度汚れをできる限り取り除いてからコインランドリーに持ち込みましょう。